Game+速報

社会人ゲーマーが気になったゲーム情報・ニュースを速報で配信するブログです。基本ゲーム情報を速報しますが、アニメ・漫画等も紹介していきます。

アニメ実写化


 2022年1月、A・A・ミルンの児童小説くまのプーさん(英題:Winnie-the-Pooh)が著作権が消失しパブリックドメインとなった。

 これを受けて、現在『くまのプーさん』を原作とするホラー映画Winnie the Pooh: Blood and Honeyが制作されており、海外メディアIGNホラーコンテンツを紹介するウェブメディアBloody Disgustingが報じたことを皮切りに話題となっている。

『くまのプーさん』原作のホラー映画が制作中_01
(画像はWinnie the Pooh: Blood and Honey – IMDbより)

 A・A・ミルンの児童小説『くまのプーさん』は1926年に出版されており、出版後に95年の保護期間を経過したことにより著作権が消失し、知的財産権を有する者がいないパブリックドメインとなった。パブリックドメインの作品は、許可や追加費用を得ずに合法的に配布、展示、使用することができる。

 細かい点として、児童小説『くまのプーさん』がパブリックドメイン化されることで登場人物の多くも利用可能だが、A・A・ミルンが手掛けた1928年の作品『プー横丁にたった家』にて初めて登場したティガー」に関しては、2年後にパブリックドメインとなる。

 また、同作を元にディズニー1966年に公開したアニメ作品『プーさんとはちみつや、『プーさんとはちみつ』独自のキャラクターデザインの権利はディズニーが有しているので、今回の作品はあくまで原作の『くまのプーさん』から作成されたという立ち位置になっている。

 なお日本では『くまのプーさん』は2017年5月に著作権が切れており、角川文庫では同年にすでに新訳版が発売されている。

『くまのプーさん』原作のホラー映画が制作中_02
(画像はAmazon.co.jp – クマのプー (角川文庫) | A.A.ミルン, 森 絵都 |本 | Amazonより))

 映画やビデオゲームデータベースサイトIMDbによると、映画『Winnie the Pooh: Blood and Honey』にはプーさんのほか、ピグレットも登場する予定だという。同サイトには邪悪な牙を向いたピグレットとおもしき人物や、年老いて爛れたような表情のプーさんがアップロードされている。

 本作の監督を務めるリス・フレイク=ウォーターフィールドプロデューサースコット・ジェフリーは、それぞれのInstagram上で映画のビジュアルや制作状況を断片的に投稿している。

 5月26日の監督のInstagramストーリーでは、本映画が各メディアに報じられていることへの喜びを示しつつ、「Time to ruin some childhood memories」(子供のころの記憶を台無しにする時間だ)と投稿している。

 興味がある読者は、本映画の制作を手掛けるJagged Edge ProductionsSNSチェックして続報を待とう。

_03
(画像はWinnie the Pooh: Blood and Honey – IMDbより)
『くまのプーさん』原作のホラー映画が制作中_04
(画像はWinnie the Pooh: Blood and Honey – IMDbより)
『くまのプーさん』原作のホラー映画が制作中_05
(画像はWinnie the Pooh: Blood and Honey – IMDbより)
Jagged Edge Productions(@JaggedEdgeProd) TwitterはこちらJagged Edge Productions(@jaggededge_productions) • Instagram写真と動画はこちらRhys Frake-Waterfield監督(@rhys_frake_official) • Instagram写真と動画はこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【プーさんが血を啜る!?『くまのプーさん』原作のホラー映画が制作中!!】の続きを読む


 WonderSpaceは、100名を対象にWebにて募集したゴールデンカムイ実写化”したら演じてほしい俳優&女優ランキングの結果を発表しました。

『ゴールデンカムイ』
画像はゴールデンカムイ 第一巻<初回限定版>(『ゴールデンチケット』キャンペーン対象)商品ページより

 『ゴールデンカムイ』は、2014年8月から「週刊ヤングジャンプ」にて連載を開始した漫画作品。アイヌ文化をモチーフにしていることが大きな特徴で、不死身の男と呼ばれる元陸軍兵・杉元佐一アイヌの少女であるアシリパによる、金塊を巡る物語が描かれています。また、「チタタプ」や「カワウソの頭丸ごと煮」など、冒険の道中での料理とそれを食すふたりのユニークな表情も魅力のひとつ。

 本作は2022年4月に最終回を迎えたほか、すでに実写化が発表されています。今回のアンケートでは、主人公の杉本など主要キャラクター6名のランキングが公開。ビジュアルはもちろんのこと、他作品の「実写化」での演技を受けての投票なども集まりました。

 主人公杉元佐一の1位には、ネットでも期待の声が多く上がっている長瀬智也さんランクイン。「お茶目な演技も似合いそうだから」など、『ゴールデンカムイ』のユーモラスなワンシーンの表現にもピッタリな点が投票理由となったようです。

 また、杉元と協力して金塊を探すアイヌの少女・アシリパ役は橋本環奈さんが1位を獲得。映画『銀魂』の神楽役や、ドラマ今日から俺は!』の早川京子役などさまざまな実写化作品に出演している橋本さんは、アシリパキュートな佇まいとは裏腹の毒舌やコメディチックな言動もこなしてくれそうです。

 このほか、作中でももっともユニークな動きを見せる白石由竹役にはムロツヨシさんビジュアル・内面ともに強烈な印象を残す鶴見篤四郎役には玉木宏さんなどが1位としてランクイン。

 杉本と並ぶ人気キャラクター尾形百之助役には、山田孝之さんが1位を獲得。冷静沈着さや底の知れない不気味さの現れる黒い瞳や、ヒゲや頬の傷といったビジュアル面でのマッチ度に期待が寄せられています。

 また、3位にはアニメ版で声優を務めた津田健次郎さんが登場。尾形にピッタリな声であることはもちろん、本人が俳優としても活動していることが決め手となったようです。

 このほかのキャラクターランキングは以下のプレスリリースより確認できます。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


ゴールデンカムイ”実写化”したら演じてほしい俳優&女優ランキング【100人へのアンケート調査】

https://saru.co.jp/tvmaga/)を運営する株式会社WonderSpaceは、100名を対象に、2022年4月20日5月16日までの期間、Webで俳優・女優に関する調査を行いました。その結果を公開いたします。

ゴールデンカムイ”実写化”したら演じてほしい俳優&女優ランキング【100人へのアンケート調査】-01

野田サトルさんの人気漫画「ゴールデンカムイ」の実写化が決定し、SNS上でもキャスティング予想が白熱しています。そこでTVマガでは、ゴールデンカムイ実写化”で演じてほしい俳優&女優について100人にアンケートをとりました。ランキング形式で選んだ理由とともに紹介します。

杉元佐一役1位 長瀬智也
「単純に顔がめちゃくちゃ格好いいのと、ワイルドさ、繊細さを併せ持つ印象だからです」(村人A)

「漢と書いてオトコと読む雰囲気が似合いそうな人が他に浮かばないから。お茶目な演技も似合いそうだから」(ぼぎわん)

杉元佐一役2位 鈴木亮平
「杉元との違和感が少ない。男前でガタイもいい。兵隊姿が似合う」(ヨーグルぐるぐるぐるっぐる)

マッチョ感。自在に体づくりができそうなので良いと思う。変態的な役もこなせそう。私の周囲の人も鈴木亮平が良いと言っているので」(まめ)

杉元佐一役3位 間宮祥太朗
「長身でガタイも良くて、見た目と年齢が合っていると思ったから」(仁)

「穏やかさと荒々しさが両方出せそうだから」(はなはな)

アシㇼパ役1位 橋本環奈
「彼女以外に思いつかない。さらっと残酷な台詞を吐いたりするところとか、違和感ないし、彼女以外に考えられないから」(はな)

「小さくてかわいい。変顔もできる女優さん。アクションもできる」(シゲ)

アシㇼパ役2位 芦田愛菜
アシㇼパさんの芯の強い感じをうまく演じれるかと思いました」(うちゃん)

「何でも器用にこなせる方であり、シリアスギャグもどちらもこなせそうだから」(ゆきえ1124)

アシㇼパ役3位 毎田暖乃
「子役のなかで1番演技がウマイと思うから!雰囲気もアシㇼパちゃんっぽい」(zetsbh)

「年齢的にもぴったりだし、違うドラマで大人びた設定の役柄もうまく演じていたから」(仁)

白石由竹役1位 ムロツヨシ
「思慮深いけれど、少し間抜けなところもあって、コミカルな演技をさせたらピカイチだと思う」(はな)

「真面目な場面もギャグの場面もしっかり演じてくれそうだから」(はなはな)

白石由竹役2位 大泉洋
「面白い役、場をなごませる役、たまにカッコいい白石を演じることができる役者さんはなかなかいないと思い、ピッタリ当てはまるのは大泉洋だけかなと思います」(たけぴー)

「内面的なイメージで選びました。ビジュアルで似ていると思える俳優さんが出てこなかったキャラクターです。ひょうきんな役柄が大泉さんがやるとピッタリなのではと思いました」(にゃんだんご

白石由竹役3位 大悟(千鳥)
「白石を漫画で見たときからなんだか千鳥の大悟がいつもちらつくのです…酒好き、ダメダメなところが似ていると思います」(まめ)

「演技が上手いかは謎だが見た目とキャラがあっている」(トイプードル

土方歳三役1位 田中泯
るろうに剣心実写化で翁役を演じていた姿がとても印象的で、マンガカッコイイおじいちゃん実写化はだいたい田中泯さんで良いのではと思います」(にゃんだんご

「渋さと格好良さ」(りーる)

土方歳三役2位 佐藤浩市
「雰囲気と格好良さ、存在感があり、渋いお茶目さも素敵そうです」(あんじぇろ)

「眼力の強さから土方には彼しかいないと感じています」(うちゃん)

土方歳三役3位 渡辺謙
「風貌がそのまま、成熟した大人、雰囲気ともに合うと思う」(はな)

「侍という印象が強く、アクションなどもこなせそうだから」(ゆきえ1124)

鶴見篤四郎役1位 玉木宏
「軍服を着た玉木宏を見たいというのと、上品さ、貫禄のバランスがちょうどいいと思いました」(村人A)

鶴見中尉の時折見せるイケメンな顔が玉木宏に似ているから」(六花)

鶴見篤四郎役2位 香川照之
「作品の中で一番強烈なインパクトを持つキャラクターなので、狂気的な演技が期待できる俳優に演じてほしいと思った」(じょばん)

「鶴見さんの信念とカリスマ性があって時にはおちゃめな一面も見せるところが香川さんのイメージと合うから」(柴子)

鶴見篤四郎役3位 堤真一
「ちょっと変態っぽい狂人を演じられるのはこの人以外浮かびませんでした」(じはる)

鶴見中尉が1番難しかったけどギャグっぽい感じと狂気じみた所をうまく演じてくれそう」(おかゆ

尾形百之助役1位 山田孝之
「口髭にあの顎の傷!絶対似合う!!闇のある尾形を上手く演じてくれそうです」(みんぽん)

「何を考えているかわからないあの目を表現できるのは山田孝之しかいないと思った」(はむ丸)

尾形百之助役2位 小栗旬
でかい。ガタイがいい。少し軟派なかんじがあってる気がする」(シゲ)

スナイパー小栗旬が見てみたいです」(らさ)

尾形百之助役3位 高橋一生
「冷たく闇を感じる中にも寂しさを醸し出す雰囲気を表現してくれると思うから」(ゆーちょ)

「一見内情が読めない所」(ちょび

尾形百之助役3位 津田健次郎
アニメで声を担当しているがその声があっている。俳優としてもご活躍されている方なので」(キログラム

「あの声で演じてほしい」(はる)

アンケートの調査方法:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)を対象に、公式Twitterアカウントや、他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計しております

『ゴールデンカムイ』公式サイトはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『ゴールデンカムイ』が実写化したら演じてほしい俳優&女優ランキング発表!!】の続きを読む



タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DRONJO』が、俳優の池田エライザさん主演で実写ドラマ化されることが発表されました。人気キャラクター・ドロンジョの過去を全く新しい視点から新解釈した今回のドラマに、放送前から期待の声が寄せられています。ドロンジョ様がドロンジョ様になる前だなんて考えたこともありませんでしたが、なんと本名も存在したことが明らかとなりネット上が衝撃を受けたのです。

ドラマ 『DORONJO/ドロンジョ』池田エライザ主演で放送決定

タイムボカンシリーズヤッターマンは、放送から45年経った今でもファンが多いアニメではないでしょうか。ダークヒロインのドロンジョ様がキュートでかわいくて、悪役なのに憎めないですよね!

そんなドロンジョ様の知られざる過去や壮絶な生きざまを描いたドラマが、池田エライザさん主演でWOWOWから放送されます。

//www.instagram.com/embed.js

アニメイメージとは全く違うビジュアルに驚きですが、それよりもさらに驚きの設定も発表されました。

ドロンジョ様、本名が『泥川七音』という事実にネット衝撃

池田エライザさんのインスタグラムには、次のような一文がありました。

主人公で後のドロンジョである泥川七音を演じました。」

なんと、ドロンジョ様の本名が泥川七音(どろかわなお)であることが明らかとなったのです。

ドロンジョ様はドロンジョ様であって他に名前なんてないと思い込んでいたので、この設定は斬新ですね。

「ドロンジョさん、泥川七音って名前だったんですね。」「ドロンジョの本名はじめて知ったぜ!」「本名が泥川七音になったのが想定外サプライズです。」「ドロンジョの本名は、泥川七音だったのか。知らなかった。 考えたこともなかったな。」と、ネット上でも驚きの声が寄せられていました。

さらに驚きなのは、ドロンジョ様は義足だったという事です。

まさか、あの細くてスレンダー黒いブーツの中が義足だったなんて……。

ドロンジョ様の過去、いったいどのようなものなのか気になりますね。

実写版ドロンジョ様といえば、深田恭子さんのドロンジョ様姿がセクシーすぎてヤバかったです。

池田エライザプロフィール

芸名(読み):池田エライザ(いけだえらいざ)
誕生日4月16日
出身地:福岡県
血液型:B型
日本人スペインフィリピン人とのハーフである。
中学1年生のときに雑誌『nicola』のオーディションに応募し、グランプリを獲得してモデルデビューを果たす。

sourceタレント辞書, タツノコプロ創立60周年記念 WOWOWオリジナルドラマ DORONJO/ドロンジョ



画像が見られない場合はこちら
ヤッターマンのドロンジョ様、本名が明らかになりネット衝撃


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【衝撃】ヤッターマンのドロンジョ様、本名が明らかになりネット衝撃】の続きを読む


 宮島礼吏氏が手がけるラブコメマンガ彼女、お借りしますの実写ドラマ版が、7月よりテレビ朝日およびABCテレビにて放送されると5月13日(金)に明らかとなった。主人公大学生木ノ下和也」役には「なにわ男子」大西流星氏が、ヒロイン水原千鶴役には桜田ひより氏の起用が伝えられている。


 『彼女、お借りします』は、週刊少年マガジン2017年より連載されている人気マンガ。単行本の累計発行部数は全世界で1000万部を突破しており、2020年にはテレビアニメ版が制作された。7月にはアニメ版第2期の放送も決定している。

 依頼客に指名されたキャストが一定期間デートを行いながら恋人役として振る舞うレンタル彼女」(恋人代行サービスを題材とする本作では、不器用ながらも真摯で優しい一面を持つ木ノ下と彼がレンタル彼女を通じて出会った、容姿端麗で完璧な仕事ぶりを見せる水原との恋模様が展開する。

『彼女、お借りします』なにわ男子・大西流星氏主演で実写ドラマ化決定_001
(画像は談社コミックプラス『彼女、お借りします』より)

 主演を務める大西氏は今回の役柄について、「感情丸出しのThe 男の子で、おバカな部分とは裏腹に正義感を持つ男の子でもあるなと感じました」コメント。「女の子を目の前にするとオドオドして空回りしてしまうところ、すぐ妄想してしまうところなどに、和也くんのかわいさが詰まっているので、アイドルということを感じさせないように全力で振り切りたいと思います」と話している。

 また原作者の宮島氏は発表に際して、ドラマでしか描けない“かのかり”、楽しみにしています。面白かったらマンガも読んでください(笑)イラスト付きの文章を寄せている。

『彼女、お借りします』なにわ男子・大西流星氏主演で実写ドラマ化決定_002
(画像はドラマ『彼女、お借りします』公式サイトより)

 ドラマ版の監督を手がけるのは、おっさんずラブ』で話題を集めた山本大輔氏。脚本はマルモのおきて』ワカコ酒などの作品で知られる阿相クミコ氏が担当する。放送開始日は明らかとなっていないが、テレビ朝日では土曜の深夜2時30分から、ABCテレビでは日曜の11時55分から放送される予定だという。

ドラマ『彼女、お借りします』公式サイトはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【『彼女、お借りします』実写ドラマ化が決定!!】の続きを読む

このページのトップヘ