Game+速報

社会人ゲーマーが気になったゲーム情報・ニュースを速報で配信するブログです。基本ゲーム情報を速報しますが、アニメ・漫画等も紹介していきます。

ニュース


この記事は、Yahoo!ニュース個人に5月1日に掲載された「PayPay 8月から「他社クレカ不可」に悲鳴の声 その理由は?」に、編集を加えて転載したものです(無断転載禁止)。

【画像を見る】PayPayアプリに他社クレカを設定した様子、「PayPayカード」の詳細(全5枚)

 スマホ決済「PayPay」は、支払い時に選べる決済手段として、8月1日から他社クレジットカードの利用ができなくなることを発表しました。

 この発表を受け、SNS上では利用者から悲鳴の声が上がっています。なぜこのような制限をかけるのか、運営会社に聞いてみました。

●他社クレカは登録・利用不可に

 PayPayの支払い方法としては、銀行から残高としてチャージできる「PayPayマネー」など複数の手段がありますが、クレジットカードを紐付けて使うことも可能でした。

 PayPayアプリコードを読み取って(あるいはお店側の端末から読み取ってもらって)支払うことに変わりはありませんが、実際にはクレジットカード決済になるわけです。

 しかし今回の発表により、8月1日からは他社クレカに非対応となり、PayPayカードが発行する「PayPayカード」「PayPayカード ゴールド」のみ使えるようになります。

 これまでは、PayPayカードならポイント還元があるのに対し、他社クレカではポイント還元がないという差別化がされていました。今回はその差別化が強化された形になります。

 ところで、なぜポイント還元がないのに他社クレジットカードを使っている人がいるのでしょうか。理由としては、そのほうがトータルの還元率が高いとか、管理がラクといったものがあります。

 例えば、筆者の場合、プリペイドカードの「MIXI M」をひも付けています。PayPayの支払いに使ってもポイント還元はありませんが、MIXI Mへのチャージ手段によってはポイントや年会費無料などの特典を得られます。

 あるいはd払いや楽天ペイなど、複数のアプリに同じカードをひも付けておけば、一元管理することができました。ポイント還元にこだわらず、自分が使いたいカードを使えることに魅力を感じていた人もいると考えられます。

 これとは別に、ソフトバンクワイモバイルの契約者が使える「ソフトバンクワイモバイルまとめて支払い」についても、8月から変更があります。

 PayPayへのチャージにまとめて支払いを利用すると、毎月の携帯料金と合算で請求されるため、携帯料金を支払うクレカポイントを得ることができました。

 しかし8月1日以降は、毎月初回のチャージのみが手数料無料となり、2回目以降は税込2.5%の手数料がかかることになります。

 毎月1回は無料でチャージできるので致命的な変更ではないものの、今後は多めにチャージしておき、毎月減った分を足しながら残高を維持するといった使い方になりそうです。

 2つの変更に至った経緯について、PayPay広報部は「社内で協議し総合的に検討した結果、今回の発表をさせていただきましたPayPayではPayPayカードとの連携を強化しており、『PayPayあと払い』をご利用いただければ、残高チャージ不要で、PayPayポイントもより多く付与され、PayPayで当月に利用した金額を翌月にまとめて支払えます」と説明しています。

 デビットカードプリペイドカードも同様に使えなくなるとのことから、金融包摂の点からも利用者に厳しい変更といえますが、PayPayカードを持たない人向けには「銀行口座からのチャージやセブン銀行ローソン銀行からの現金でのチャージなどをご利用いただければと思います」(PayPay広報)と案内しています。

PayPayカードに誘導したいのは分かるが……

 PayPayはこれまで赤字覚悟でユーザーを獲得してきたこともあり、いよいよそれを「回収」する段階に入ったのではないかという見方があるようです。

 PayPay側は他社クレカを使われた場合、決済手数料を負担していたと考えられます。その上で、利用スタイルによってはPayPayカードよりも他社クレカのほうがおトクだったり、便利だったりする場合があるというのは「不都合な真実」だったといえます。

 それを是正し、本来あるべき姿に戻ろうとしている印象はあります。ただ、こういう場合にはPayPayカード自体の魅力を高めることで、PayPay利用者が自然とPayPayカードを選ぶような施策を期待したかったところです。

 そういう意味では、今回の変更は他社クレカを使えなくすることで利用者を追い立てる形になっており、これがユーザーの心理にどのような影響を与えるのか気になるところです。

●書き手:山口 健太(やまぐち・けんた)

1979年生まれ。10年間のプログラマー経験を経て、フリーランスのITジャーナリストとして2012年に独立。主な執筆媒体は日経クロステック(xTECH)、ASCII.jpなど。取材を兼ねて欧州方面によく出かけます。

ヤフーニュース個人:「ITジャーナリスト2.0 山口健太」

Twitter:@yamaguc_k

公式Webサイト:山口健

PayPayのオフィス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【PayPay、8月から「他社クレカ不可」に悲鳴の声 その理由は?】の続きを読む


 二次元コンテンツの総合サービスを展開するエイシスは5月11日(木)、同社が運営するダウンロード販売サイト「DLSite」におけるAI生成作品の販売および、クリエイター支援サイト「Ci-en」におけるAI生成コンテンツの受け入れを一時的に停止すると発表した。

「DLSite」と「Ci-en」がAI生成物を主体にしたコンテンツの一時的な取り扱い停止を発表_001 「DLSite」と「Ci-en」がAI生成物を主体にしたコンテンツの一時的な取り扱い停止を発表_002

 DLSite向けの発表によると、取り扱いの一時停止については「急激な発展に対し、対策やガイドライン・ポリシーの整備が追いつかなくなってきている」ことを前提に、現状のままAI生成作品の販売・受け入れを継続することによる既存クリエイターへの影響を考慮したものとしている。DLSiteでは今後マンガやCGイラスト、動画、素材集で「AI生成作品」にあたるものの販売が一時的に停止されるほか、Ci-enでもAI生成コンテンツの投稿やヘッダー画像、プロフィール欄などの編集可能な場所にAI生成コンテンツを投稿できなくなる。

 なお、AI生成作品とAI生成コンテンツの定義については「作品の主体が画像生成AI技術に依存したものであるか」を基準としており、AI生成物を作品・コンテンツの主体としない一部利用は規制の対象外となる。また、DLSiteではノベルゲームが取り扱い停止の対象外となる一方、Ci-enではAI生成コンテンツを鑑賞できる別サイトへの誘導行為も投稿不可となる。

「DLSite」と「Ci-en」がAI生成物を主体にしたコンテンツの一時的な取り扱い停止を発表_003
(画像はAI作品の取り扱い一時停止について | DLsite|サービスインフォメーションより)

 今回の販売および受け入れの停止はあくまで一時的なものであり、エイシスは生成AI技術や技術を取り巻くコミュニティの状況を踏まえて、今後ガイドライン・ポリシーや対応の見直しを行っていく方針だ。

DLSiteの「AI作品の取り扱い一時停止について」はこちらCi-enの「AI生成コンテンツの投稿制限について」はこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「DLSite」と「Ci-en」がAI生成物を主体にしたコンテンツの取り扱い停止を発表】の続きを読む


ゲーム開発やアミューズメント・モバイルコンテンツ事業を手掛けるカプコンは昨日10日、自社の2023年3月期における通期決算を公表。過去最高益を更新し10期連続の増益(営業利益)であったことがが明らかとなった。

【画像】

中核事業となる、コンシューマゲームタイトルデジタルコンテンツ事業においては主力シリーズの大型新作である『バイオハザード RE:4』および『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の投入や、デジタル販売を通じたリピートタイトルの積極的な販売推進に寄与したと説明。

そんな絶好調のカプコンだが、タイトルにもある通り同事業において「旧作タイトルの積極的な販売」を推進していることで人気作を中心に本数が伸長している。特にお正月やお盆といった休暇を過ごす人が多くなる時期には一挙に値下げするセールを開催しており、今回のゴールデンウィークでも「CAPCOM GOLDEN WEEK SALE」と銘打ったセールを開催した。

例えば大型拡張アプデがセットになった『モンスターハンターライズサンブレイク ダブルデラックスセット』が29%OFFの4,962円や、PS4バイオハザード 4』が79%OFFの770円など。これらの施策については個人投資家からも評価されている一方で「利益面での影響はないのか?」といった意見もみられたといい、本年3月には質疑応答にてカプコン側が以下のように回答した。

Q. 昨今の好業績は、旧作を積極的に値下げして販売本数を拡大していることによるものだと思いますが、値下げによって利益が圧縮されるデメリットはないのでしょうか。
A.ゲームソフトデジタル販売では、パッケージや説明書、ディスクの製造などによる原価がほぼ発生しません。そのため、仮に 7,000円で発売を開始したものであっても、開発コストの償却後であれば、1,000円で販売しても十分な利益が得られます。デジタルで販売する商品を充実させ、ユーザーの皆様に幅広い価格帯でコンテンツを提供することで、様々なユーザー属性、幅広い国・地域で購入いただける環境は、当社にとって大きな機会だと考えています。(原文ママ

同社は昨日の決算発表にて今後(2024年3月期)は新作タイトルストリートファイター6』や新規ブランド『エグゾプライマル』の投入など材料にコンシューマ販売本数を過去最多の4,500万本を目標に掲げており、新作タイトルと合わせた旧作タイトルの伸長による「11期連続増益」へ期待される。

Source:https://www.capcom.co.jp/ir/data/pdf/explanation/2023/full/explanation_2023_full_09.pdf


【公式サイト・情報元など関連リンク一覧はこちら】
〈解説〉10期連続増益のカプコン、旧作タイトル販売も注力「値下げセール連発しても大丈夫なのか?」についても言及


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【10期連続増益のカプコン、旧作タイトル販売も注力「値下げセール連発しても大丈夫なのか?」】の続きを読む


「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」場面写

全ての画像を見る

公開中の映画『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が興行収入100億円を達成して話題になった大人気作品『名探偵コナン』。   そんな、「名探偵コナン」に出演したことをアピールする張り紙がTwitterで話題になっています。   [point "爆発はお約束 せっかく出演したのに…"]「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」場面写

うちの店がぁぁぁ!


 
話題になっているのは、とあるお店が『名探偵コナン』に出演したことを宣伝する張り紙を見つけたというツイートです。
 
投稿主は、「こんな張り紙見つけた笑笑」という言葉とともに、見つけた張り紙を投稿しました。
 
張り紙を見ると、「名探偵コナンに出演しました!」という文字の隣に、「うちの店がぁぁぁ!」と衝撃の文字が。
 
よく見ると燃え上がるお店のシーンも一緒に掲載されています……!
 
確かに、せっかくお店が『名探偵コナン』に出演したと思ったら、お店が燃えていたら驚きますよね。
 
でも、コナンで爆発されるのは、むしろレアかも……?
 
本投稿についてTwitterでは、「きっと元太に『すげー』と言われてしまったんでしょうな、、、」「テレビでお店が紹介されましたみたいなノリで言うなw」「店主さん心の中でガッツポーズしてそうwww」「今度行く機会があれば探そ」といった意見が寄せられています。

全ての画像を見る

「名探偵コナン」出演に歓喜したのもつかの間…「うちの店がぁぁぁ!」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「名探偵コナン」出演に歓喜したのもつかの間…「うちの店がぁぁぁ!」】の続きを読む


映画『東京リベンジャーズ』『キングダム』『翔んで埼玉』、TVドラマミステリと言う勿れ』『岸辺露伴は動かない』など、近年は漫画作品の実写化が増加傾向にあります。
2023年には、Netflixオリジナル実写ドラマシリーズONE PIECE』が配信予定。原作者・尾田栄一郎氏がエグゼクティブプロデューサーを務めることや、ロロノア・ゾロ役として新田真剣佑さんが出演することなどでも注目を集めています。

何かと話題になりがちな「漫画原作の実写化
大絶賛される作品が多い一方で、ネガティブな反応を見せる視聴者も少なくないのが現状です。

SNSSurfvoteでは、「漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?」というテーマで意見投票を募集(2023年2月23日4月30日)。この結果が公表されました。

漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?

漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?

 

もっとも得票数が多かったのは、「原作に忠実なら賛成」41.2%。
「原作にリスペクトしてたらOKかと。でも、原作が長かったりすると2時間では納めようがないしそもそも実写化に向いてない原作もあると思う」というコメントもあり、そもそも原作となる漫画によって実写化の賛否が別れる可能性も高いようです。

次いで得票数が多かったのは、「原作クラッシュなら反対」19.6%。
これは1位の選択肢に近いものがあり、投票者からは「漫画原作の実写化でも素晴らしい作品も沢山あるので、全部を否定する気はなく、当たり前だが制作側の誠実さや才能によるところが大きい」というコメントも寄せられていました。

中には「そもそも、実写化に反対(11.8%)」「原作の再現度は問わず賛成(9.8%)」などの声も。
「本当の原作のファンは、アニメ実写化も求めていない」「実写化を見て、原作のファンが新たに増えればいい」など、様々な意見が集まる結果となっていました。

SNSテクノロジーで社会課題の発見・解決をサポートするICTスタートアップのPolimill株式会社(ポリミル、本社:東京都港区、代表取締役:横田えり、以下Polimill社)は当社が運営するSNSSurfvoteで2023年2月23日から2023年4月30日の期間中、「漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?」というテーマで意見投票を募集し、この度結果を公表しました。このイシュー(課題)はポップカルチャー観察家の岡田瑞樹氏が問題提起し、ユーザー選択肢から自分の意見や立場に合うものを投票していただきました。投票結果の詳細とユーザーコメント例をご紹介します。

漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?

漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?

 

投票詳細・結果

イシュー:「漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?」

https://surfvote.com/issues/t2xffxpe2

投票期間:2023年2月23日2023年4月30日

有効票数:51票

選択肢:・原作の再現度は問わず賛成

・原作に忠実なら賛成

・俳優次第で賛成

・原作クラッシュなら反対

・そもそも、実写化に反対

・その他

・わからない

コメント紹介(一部抜粋・コメントのない選択肢は未記載)

「原作の再現度は問わず賛成」9.8%

  • 実写化はそもそも原作とは異なるものと思っているから。興味本位でみるか、見ない。実写化を見て、原作のファンが新たに増えればいい。(29いいね)

「原作に忠実なら賛成」41.2%

  • 原作にリスペクトしてたらOKかと。でも、原作が長かったりすると2時間では納めようがないしそもそも実写化に向いてない原作もあると思う(34いいね)

「俳優次第で賛成」15.7%

  • 有名な俳優女優はイメージが固定されていてマンガの世界観と異なる先入観があるのに商業的なリスクを取りたくないテレビ局や製作会社配給会社はそういう人ばかり起用するのがつまらないし観ない。(41いいね)

「原作クラッシュなら反対」19.6%

  • 漫画原作の実写化でも素晴らしい作品も沢山あるので、全部を否定する気はなく、当たり前だが制作側の誠実さや才能によるところが大きい。(38いいね)

「そもそも、実写化に反対」11.8%

「その他」2%

  • 原作者の意向を取り入れて、表示してほしいです。原作者が「好き勝手やってくれ。こっちは原作使用料もらってるから!」となっていれば○○製作委員会みたいな拝金主義に傾倒しても許せる気がします。(46いいね)

問題提起いただいたオーサー 岡田瑞樹氏
ポップカルチャー観察家 ギリギリ昭和生まれの大阪生まれ大阪育ち。 幼いころから漫画、アニメゲームハリウッド映画(特にアクション、B級は大好物)に触れ、 思春期には日本語ラップに出会い、なろう系から梅田サイファーまで興味は多岐に及ぶ。 好きな漫画 少年漫画全般 食漫画全般 モブ系主人公ラブコメ 好きなアニメ 涼宮ハルヒの憂鬱 けいおん! ガンダムシリーズ 好きなゲーム RPG全般 横スクロールアクション全般 ウイニングポスト 好きな映画 ベストキッド アメコミ系全般 セガールアクション(オッサンが無双) 好きなラッパー ZORN 舐達磨 田我流

Surfvoteとは?

当社が提供するSNSSurfvote」は社会にあるさまざまな課題を問題提起し、それについて誰もが簡単に意見を投票できるサービスです。Surfvoteでは「イシュー」と呼ばれる各テーマ(課題)に対して複数の選択肢から自分の意見を投票できます。また他のユーザーコメントを見たり、評価(いいね)したりすることもできます。イシューは当社編集部だけでなく大学の先生やさまざまな分野の専門家にも執筆のご協力をいただき発行しています。投票結果は適宜、関係省庁や政治家へ提出し報告を行なっています。https://surfvote.com/  

Polimill 株式会社

Polimill株式会社は目的特化型SNSSurfvote】を運営・提供するITCスタートアップ企業です。

Surfvoteは社会課題に特化し、ユーザーがあらゆるテーマについて自分の意見を投票できるだけでなく、他のユーザーの意見を傾聴できるサービスです。地方公共団体版のSurfvoteも拡充中で自治体と連携し住民による住みやすい街づくりを促進します。あらゆる人がルール作りに参加し、価値観の変化やテクノロジーの進化に合わせた柔軟でスピーディーな制度改革ができるような社会を、SNSテクノロジーで実現させます。https://polimill.jp/



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「漫画原作の実写化を原作ファンは求めているか?」調査結果が明らかに】の続きを読む


株式会社講談社は、米国市場向けに「K MANGA」アプリの提供を開始しました。日本国外では初のマンガ配信サービスです。ブラウザ版は近日中に開始する予定です。K MANGAの「K」は、講談社頭文字に由来しています。

アプリアイコン

配信開始時には、約400タイトル*が配信され、そのうち連載中の約60作品は最新章を日米同時に配信となります。 また、『進撃の巨人』『東京リベンジャーズ』『FAIRY TAIL』の3作品は全話無料キャンペーンを行います**。


アプリの配信開始を記念して、特別映像を用意しました (https://youtu.be/eZvaciULBkU)




■K MANGA Online Launch Party
6月23日(金)午前中(US 6月22日)にローンチ記念のプレミアパーティーを開催いたします。

このパーティーでは、「The Stories Behind the Stories」をテーマに、有名漫画家の登場や、

講談社編集部による漫画制作の裏話、ライブドローイングなど様々な企画を予定しています。

ネットライブ配信し、視聴者限定のプレゼントもあります。日本含めた全世界から閲覧が可能です。


*別添のマンガタイトル一覧もご覧ください。タイトルローンチ時に一部変更になる可能性があります。

**1日で読める話数は限りがあります。

***チケットを使用できるチャプター数は、タイトルによって異なります。

****ポイント数はタイトルによって異なります。
****タイトル一覧はメディア関係者限定公開でのご案内になります。



Links
*英語版アプリ日本国内でダウンロードできません。

App Store:

iOS

https://apps.apple.com/us/app/id1637040002

Android

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.kodansha.kmanga

配信元企業:株式会社講談社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【米国にて講談社漫画アプリ「K MANGA」がローンチ。60作品の日米同時連載を開始】の続きを読む


 任天堂5月10日(水)、2023年3月期決算説明会(オンライン)の質疑応答の内容を公開した。こちらの質疑応答では任天堂の次世代ハードウェアに関するトピックも登場している。


 こちらの質疑応答の中では、Nintendo Switchの年間プレイユーザー数が発売から7年目に入っても増加傾向にあることを取り上げた上で「次世代機を出す必要が低くなっているという見方もできるのではないか」(Q4)という質問がなされた。これに対し、代表取締役社長の古川俊太郎氏は「次世代機を発売する必要性はない、とは考えていません」と答えた。

 古川氏の回答によれば、次世代機について具体的なことを話せるタイミングではないものの、新しいユニークな娯楽を提供していくため、将来に向けたさまざまな開発を進めているとのこと。その一方で、現段階ではNintendo Switchの稼働を維持、拡大し、ビジネスの勢いを保つことが最優先事項だと考えているそうだ。

 またNintendo Switch2015年3月に「NX」として発表され、2017年3月に発売されたことを踏まえ「次世代機についても発表から発売まで間を空ける必要があると考えているか」(Q7)という質問については、「Nintendo Switch を発表したタイミングは少し特殊な情報発信のケースであったと考えています」と回答している。

 当時、NXの発表は株式会社ディー・エヌ・エーとの業務・資本提携共同記者発表の場で行われた。この場がモバイルビジネスへの参入を発表するものであったことから、任天堂がその後も中核ビジネスとしてゲーム専用機に取り組んでいく姿勢を表明すべく、NXの存在を発表したという。今後も情報発信はハードウェアソフトウェアを問わず、それぞれの製品にとって適切なタイミングで行い、幅広くユーザーに情報が届くよう努めるとした。

任天堂・古川社長が「次世代機を発売する必要性はない、とは考えていません」とコメント1
(画像はNintendo Switch公式サイトより)

 くわえて、今回の質疑応答では映画『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の大ヒットについても触れられている。すでに「マリオ」関連のマーチャンダイズの売り上げが伸びていたり、Nintendo Switch Onlineで遊べる関連作品の可動が高まっていたりと、ポジティブな影響が随所に現れているそうだ。

 2022年にはニンテンドーピクチャーズを子会社化しており、今後もさまざまな映像制作に力を入れていく方針を示している。古川氏は「今回の映画がヒットしたことを⼤変嬉しく思いますが、⼀つ⼀つの結果に⼀喜⼀憂せず、これまで同様、それぞれの IP の個性を尊重しながら丁寧に展開していきたいと考えています」と語った。

 任天堂5月9日(火)時点で2023年3月期の決算短信や決算説明資料を公開している。こちらの質疑応答の要旨全文も「株主・投資家向け情報」ページから確認できるため、詳細については公式サイトを参照されたい。

任天堂 2023 年 3 ⽉期決算説明会 質疑応答(PDF)はこちら任天堂公式サイト「株主・投資家向け情報」はこちら
リンク


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【任天堂・古川俊太郎社長が「次世代機を発売する必要性はない、とは考えていません」とコメント】の続きを読む


 カプコン5月10日(水)、2023年3月期の連結業績を公開した。


 カプコンは同期の連結業績(2022年4月1日2023年3月31日)にて、売上高は1259億3000万円(前年同期比14.4%増)と過去最高の数値を記録した。そのほか営業利益は508億1200万円(前期比18.4%増)、経常利益は513億6900万円(前期比15.9%増)、当期純利益は367億3700万円(前期比12.9%増)とされている。

 当連結会計年度ではカプコンの中核事業であるデジタルコンテンツ事業が業績をけん引した。主力シリーズの大型新作であるバイオハザード RE:4モンスターハンターライズ:サンブレイクの投入、さらにデジタル販売を通じたリピートタイトルの販売促進により、年間販売本数は4170万本と前年同期を上回る成果を収めているという。

 決算短信によれば、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は545万本、『バイオハザード RE:4』は375万本の販売を達成。『モンスターハンター:ワールドデビル メイ クライ 5』バイオハザード ヴィレッジなどリピートタイトルの販売本数は計2930万本と、前期の2400万本を上回った。

カプコン、2023年3月期の売上高は1259億3000万円と過去最高に1
(画像はSteam『バイオハザード RE:4』販売ページより)

 さらにこれらの主力コンテンツと、映像やライセンス商品、eスポーツとの連携の強化も収益の向上に貢献したとのこと。アミューズメント施設事業においても、効率的な店舗運営や新業態店舗の推進、アミューズメント機器事業でのIP活用による販売拡大などに取り組んできたとされる。

 結果として、売上高は過去最高の記録となっており、営業利益以下すべての利益項目で6期連続の最高益を達成。10期連続の営業増益となったそうだ。2024年3月期の連結業績予想については、売上高1400億円、営業利益560億円と、11期連続の営業増益ならびにすべての利益項目で7期連続の最高益を見込むとしている。

 カプコン5月10日(水)時点で2023年3月期の決算を発表しており、5月16日(火)には同期の決算説明会を行う予定だ。詳細については、公式サイトの投資家情報(IR)ページなどを参照されたい。

カプコン・2023年3月期の連結業績に関するプレスリリースはこちらカプコン 投資家情報(IR)ページはこちら
リンク

リンク


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【カプコン、2023年3月期の売上高は1259億3000万円と過去最高に】の続きを読む

このページのトップヘ