Game+速報

社会人ゲーマーが気になったゲーム情報・ニュースを速報で配信するブログです。基本ゲーム情報を速報しますが、アニメ・漫画等も紹介していきます。

アーケード専用


 タイトー10月28日(金)、全国のゲームセンターで稼働している音楽ゲームグルーヴコースター 4MAX ダイヤモンドギャラクシーについて、11月23日(水)に配信する新曲の配信をもって以降のコンテンツ追加を終了すると発表した。

 『グルーヴコースター』は、音楽にあわせて画面上のレールへ置かれたターゲットとレール上を走るアバターが重なった瞬間に、筐体のコントローラーブースター」を操作して進めていく独特の疾走感や楽器を演奏しているような一体感を楽しめる作品だ。本作は2013年11月に稼働を開始し、およそ9年にわたるリニューアルバージョンアップオリジナル曲ゲーム・アニメボーカロイドなど話題の楽曲を配信してきていた。

 発表によると、シリーズプロデューサー花形琢真氏はコンテンツ追加を終了する理由について「筐体に搭載しているハードディスクドライブ容量の関係で、これ以上のコンテンツ追加が不可能と説明した。現場ではハードディスクドライブの交換を筆頭にさまざまな対応策を講じたようだが、稼働開始から9年が経過した筐体を「今後も長期間に渡り使用し続けることは限界がある」との結論に至っているようだ。

音楽ゲーム『グルーヴコースター』アーケード版のコンテンツ追加が11月23日の新曲をもって終了に_001
(画像はYouTube「アーケード版『グルーヴコースター』の今後の運営について」より)

 なお、本作のオンラインサービスについては今後も継続して運営される予定。最後のコンテンツ追加となる11月に下記4曲を追加するほか、これまでのアーケードシリーズを振り返る9周年を記念したオンライン対戦イベントやキャンペーン、店舗ごとの大会はすべて予定どおり実施されるという。

11月2日(水)8:00~ 配信 「PUPA」 / モリモリあつし
11月9日(水)8:00~ 配信 「FREEDOM DiVE↓」 / xi
11月16日(水)8:00~ 配信 「Music Plot Type X」 / COSIO
11月23日(水)8:00~ 配信 「Got a over score?」 / E.G.G. vs MASAKI

 タイトーではスティックを使ってドラムのように直感的な演奏を楽しめる新作アーケード音楽ゲームMUSIC DIVER(ミュージックダイバー)』の展開を2022年冬に予定しているほか、執筆時点では音楽ゲーム『テトテコネクトも稼働中だ。今回の決定について、花形氏は「我々を取り巻く様々な状況を勘案した結果、今回の結論に至ったことをご理解いただけますと幸いです。」とのコメントを述べている。

 アーケード版の稼働自体が終了するわけではなく、Steamで配信中のPC版やiOSAndroid版も引き続き遊べるようなので、興味があれば設置店舗や自宅など、好きな場所での演奏を楽しんでみるとよいだろう。

音楽ゲーム『グルーヴコースター』アーケード版のコンテンツ追加が11月23日の新曲をもって終了に_002
(画像はYouTube「アーケード版『グルーヴコースター』の今後の運営について」より)
『グルーヴコースター 4MAX ダイヤモンドギャラクシー』公式サイトはこちら『グルーヴコースター』シリーズ公式Twitterアカウント(@groove_coaster)はこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【アーケード版『グルーヴコースター』次の新曲をもってコンテンツ追加終了】の続きを読む


 1999年の稼働開始以来、今なお格闘ゲームファンの間で高い人気を誇る名作「ストリートファイターIII 3rd StrikeストIII 3rd)」。その背景にこっそり仕込まれていた「ド○えもん」を見る方法が、稼働23年目にしてついに発見されて話題になっています。確かにこれは紛れもなく「ド○えもん」……!

【ぷらすさんによる検証動画を見る】

 発見したのは、YouTubeなどで「ストIII 3rd」の検証・解説動画を投稿している“ぷらす”さん。9月8日に投稿されたツイートは現在までに5000回以上リツイートされており、ゲームファンから「なんじゃこりゃ」「こんなのあったのかww」など驚きの声があがっています。

 問題の「ド○えもん」の隠れ場所は、1人用モードラスボスである“ギル”ステージの背景。ただし、通常のゲームプレイでは背景のレイヤーに隠れてしまっており、内部データ的には存在を確認できても(※1)、実際のプレイで見ることは不可能――と、これまでは考えられていました。

 今回ぷらすさんが報告したのは、このド○えもんを“実機で”見る方法です。ぷらすさんはまず、「ギルステージで対戦できるバグ技」を使い(※2)、「ギルステージで春麗vsアレックス」という状況を作り出します。

 そして対戦がスタートしたら、さらにいくつかのテクニックを組み合わせることで「アレックスを踏みつけた春麗が無限に上昇を続ける」というバグ技を発動。あとはそのまましばらく放置しておくと、やがて突然画面が上にスクロールを始め、レイヤーがずれて本来実機では見えるはずのなかったド○えもんが見えてしまう――というわけです。

 意外すぎるところに23年も隠れていたド○えもんですが、映像で確認すると、丸っこいボディーやとぼけた表情など、限られた色数・ドットサイズながらもしっかりと特徴を捉えており、誰がどう見てもド○えもんそのもの。よくよく見るとヒゲがないので、一応「ド○えもんに限りなく似た別の何か」という可能性もなくはないですが……。

 ネット上ではこの発見を受け、「何でよw」「これはあかんやろ(笑)」と驚いたりあきれたりする声が多数。また「すげえ執念…」「こういうの見つける人すごすぎる」など、ぷらすさんの執念をたたえる声も多くみられました。

 なお、ぷらすさんの検証によれば、この方法が可能なのはアーケード版と「ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション」(PS4SwitchXbox OneStaem)収録版の2種類とのこと。他にはPS2ドリームキャストPS3ONLINE EDITION)などにも移植されている「ストIII 3rd」ですが、これらのバージョンでは同じ方法を使っても、春麗が途中で落下してしまったり、無限上昇に成功しても背景が上にスクロールせず真っ暗になってしまったりしてド○えもんは見られなかったそうです。

※1:ちなみにこれを発見したのもぷらすさん。このときはツールを使って背景の座標を書き換えることで無理やり表示させていた

※2:ストIII 3rdでは通常、乱入した側のキャラクターに合わせて対戦ステージが決まってしまうため、対戦でギルステージを使うにはバグ技を使うしかない

どうしてこんなところにド○えもんが……?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【「ストIII 3rd」稼働23年目、禁断の「隠れド○えもん」を実機で確認!?】の続きを読む


「アストロシティミニV」縦型STGの名作が集結した“尖ったアイテム”だ



【「アストロシティミニV」縦型STGの名作が集結した“尖ったアイテム”だ】の続きを読む


近日稼働開始予定「ボンバーガール レインボー」の最新ビジュアルが公開に



【近日稼働開始予定「ボンバーガール レインボー」の最新ビジュアルが公開に】の続きを読む


新作アーケード用音ゲー『MUSIC DIVER』を発表!!



【新作アーケード用音ゲー『MUSIC DIVER』を発表!!】の続きを読む


『機動戦士ガンダム EXVS.2XB』ヴィシャス&スプレマシー参戦!!



【『機動戦士ガンダム EXVS.2XB』ヴィシャス&スプレマシー参戦!!】の続きを読む



1 それでも動く名無し アドセンスクリックお願いします :2022/04/18(月) 18:58:00

えちち…w


【ボンバーガールさん、エチエチな新キャラがまたまた登場してしまう】の続きを読む


新作『チェイスチェイスジョーカーズ』のロケテストが3月11日より開催



【新作『チェイスチェイスジョーカーズ』のロケテストが3月11日より開催】の続きを読む

このページのトップヘ