【元記事をコミックナタリーで読む】

silve原作による白瀬岬「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」1巻が本日12月5日に発売された。

【画像】白瀬岬がマンガを担当する「神眼の勇者」では異世界でニートが丸太無双

ふと目を覚ますと見知らぬ森にいた25歳のサラリーマン・梶川光流は、状況から自分が異世界に転移したことを理解する。ゲームマンガ異世界生活のように充実した日々を夢見たのも束の間、ステータスを確認するとスキルなし、能力値はオール0という赤ん坊以下の能力だった。モンスターに襲われ窮地に追い込まれるも、見習いパラディンの少女・アルマティナに救われた光流。アルマティナもまた“不遇職”と周囲からバカにされていたが、光流の何気ない発想で2人は徐々に常識外れの強さを身に付けはじめる。不遇な2人が才能を開花させる成長ファンタジーだ。

「スキル? ねぇよそんなもん! ~不遇者たちの才能開花~」1巻


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そういうのもういいから。