バイオハザードシリーズの公式Xアカウント11月29日、11/29という日付にちなんだ「いいにくいことをいう日」にあやかって、『バイオハザード』に登場する言葉と知られる「かゆうま」が正しくは「かゆい うま」であることを発信した。


かゆうま」の元ネタは、初代『バイオハザード』に登場するゾンビウイルスに感染した研究所の飼育係の日誌に書かれたメッセージだ。

飼育員の日誌には、男が研究体であるクリーチャーの世話を頼まれ餌を与えていた様子や、体にできた腫物のかゆみが徐々に激しくなっていく様子などが書かれているのだが、これが徐々にひらがな交じりの不安定な文章になっていき、男が自身では気づかないうちに、徐々にゾンビ化していった様子を想起できるようになっている。

そして日記の終盤、ほとんど正気を失った男が同僚であるスコットを殺害して食した様子が綴られたのち、最後のページで見られるのが以下のメッセージである。

4

かゆい
うま

この日記は『バイオハザード』のなかでも印象的なシーンとして多くのプレイヤーに絶大なインパクトを残し、のちにインターネット用語としても広まっていくこととなった。

しかしその際、どこかで改変が進んで「かゆい うま」は「かゆうま」として広まり、誤用が進んだままパロディに使われたり、それ自体がバイオハザードに登場する言葉のように広まってしまっているのが現状となっている。

『バイオハザード』公式Xアカウントが「かゆうま」が正しくは「かゆい うま」であると発信_001
勇者のくせになまいきだor2』より

なお今回の投稿に対しては、「えー!そうなんだ」と反応する声もある一方、「わかっててもかゆうま言ってしまいがち」「間違いの方が語呂がいい」といった反応もあり、元ネタのことをわかった上であえて使っている人も多くいるようだ。


かゆうま」は正しくは「かゆい うま」。今後「かゆうま」をどのように使うのであれ、元ネタの記述と異なることは今回の件を機に覚えておきたいところだ。

『バイオハザード』の公式Xアカウントはこちら『バイオハザード』ポータルサイトはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

これは結構有名(?)な気はするが確かに「かゆうま」の方がリズムがいいんだよなw





これは有名だね


「かゆうま」が使われ続けるだろうけど、知っておくのは大事。


改変と言うか単にネット上で使うならかゆうまの方が短く済むから省略されただけなんじゃないかな後は語呂の良さ


おいそれtt(ry


サラマンダーよりはやーい! なんてセリフが存在しないのと似たようなもんか


知ってたが「かゆ うま」の方がゴロがいいんだよな


皆ただ縮めて使ってるだけだと思うけどなぁ。


スコットうまかったです(*´・ω・`)