暴力的なゲームは、社会的にも家庭でも常に物議を醸しています。

「子供が暴力的に育ってしまうのではないか」とか「ゲームに感化された若者が暴力事件を起こすのではないか」と不安視する声はよく耳にするでしょう。

しかしゲームが人に与える影響はそう単純ではありません。

実際、独マックスプランク研究所による2021年の研究では暴力的なゲームを長期間にわたり毎日続けても攻撃的にならないことが示されています。

さらにここ数年の研究では、人気の暴力的なゲームが発売されると、一時的に犯罪率が下がるという傾向が報告されています

この結果は、暴力的なゲームが社会的な認識に反して、実は世の中の平和に貢献している可能性を示唆しています。

目次

米国で「コール・オブ・デューティ」の発売後に犯罪率が低下

ここでは「暴力的なゲームの発売が犯罪率を低下させた」ことを示した2つの研究を紹介します。

一つ目は、米ビラノバ大学(Villanova University)とラトガース大学(Rutgers University)が2014年に発表したものです(Psychology of Popular Media Culture, 2014)。

研究チームは、アメリカにおける暴力的なゲームの売上と犯罪率を比較し、その関連性を調べました。

調査では、アメリカ産の大人気シューティングゲームで、毎年1本のペースで新作がリリースされているコール・オブ・デューティ(CoD)を対象としています。

その結果、興味深いことに、CoDの売り上げが急激に高くなる10〜12月頃(リリース時期は10月末か11月初め)に、殺人や暴行などの犯罪数が減少していることが判明したのです。

下のグラフを見比べてみると、まるで鏡映しのように、ゲームの売り上げが高いときに犯罪率が下がっていることが伺えます。

ゲームの売上の変動
ゲームの売上の変動 / Credit: Markey, Patrick M. et al., Psychology of Popular Media Culture(2014/PDF)
殺人件数の変動
殺人件数の変動 / Credit: Markey, Patrick M. et al., Psychology of Popular Media Culture(2014/PDF)
罪の重い加重暴行の変動
罪の重い加重暴行の変動 / Credit: Markey, Patrick M. et al., Psychology of Popular Media Culture(2014/PDF)

もちろん、これは相関関係を示したものであり、「暴力ゲームの発売」と「犯罪率の低下」との因果関係を証明するものではありません。

それでも研究主任のパトリック・マーキー(Patrick Markey)氏は「暴力的なゲームの発売は、一時的にも殺人や暴行などの重犯罪の発生件数を減少させる効果があると考えられる」と話しています。

また、その犯罪の抑止効果は、ゲームリリース後の犯罪減少率を踏まえると、最大3カ月は持続すると述べました。

さらに同様の研究はアメリカ以外でも実施されています。

オランダでは「GTA」の発売後に犯罪率が減少

二つ目は、オランダのWODC(Research and Documentation Centre)が2017年に発表した研究です(European Journal of Criminology, 2017)。

ここで研究チームは、CoDと双璧をなす暴力ゲームグランド・セフト・オート5GTA5)』を対象としました。

GTAシリーズは、プレイヤー自身が街を自由に徘徊しながらギャングの犯罪に加担したり、市民や警官に暴行したりできるR指定ゲームで、「グラセフ」の愛称でお馴染みです。

調査では、GTA5リリース2013年10月)とオランダ国内の青少年犯罪率との関連性を比べました。

青少年犯罪率は、12〜18歳および18〜25歳の2つの年齢層で犯罪登録数が20122015年の間にどれだけ変化したかを調べています。

その結果、アメリカの研究と同じように、2013年GTA5リリース後の数カ月間で12〜25歳の青少年の犯罪件数が明らかに減少していることが確認できたのです。

こちらも因果関係を説明するものではありませんが、暴力ゲームの発売と犯罪数の減少には強い関連性があると思われます。

GTA5リリース後に青少年の犯罪率が低下
GTA5リリース後に青少年の犯罪率が低下 / Credit: canva

これについて、先のパトリック・マーキー氏は「潜在的に犯罪をする危険性のある人々は、ゲームという仮想場の中で暴力を楽しみ、そこでカタルシスを得ることで、現実世界で実際に暴力を振るうことが抑制されている可能性が高い」と指摘しました。

また米ペンシルベニア大学ウォートン校の経営学教授であるイーサン・モリック(Ethan Mollick)氏はこの結果を受けて、X(旧Twitter)でこう述べています。

GTAリリースされると、潜在的な犯罪者ゲームをするために屋内に留まるので、暴力と犯罪は実際に減少します。

(これは他の暴力的なゲームにも当てはまるので、残念ながら、毎年のCoDリリースは実際には世のためになっているのです)」


これらの研究は調査対象とした年齢や性別、または犯罪の種類に限界があるため、暴力ゲームの発売が全ての年齢層および全ての犯罪に対して、抑止力を持つとは言えません。

それでも研究者らは、暴力ゲームの発売とある種の犯罪率の低下にはとても強固な関連性が見られるため、一時的にせよ重犯罪を減らす効果が期待できると考えています。

何かと毛嫌いされがちな暴力ゲームは、多少なりとも世界平和に貢献しているのかもしれません。

暴力的なゲームは「人間を攻撃的にしない」 独研究所


全ての画像を見る

参考文献

GTA fans, rejoice: When violent video games are released, the crime rate drops
https://www.zmescience.com/science/domestic-science/gta-fans-rejoioce-when-violent-video-games-are-released-the-crime-rate-drops/

Do violent video games actually reduce real-world crime?
https://www.polygon.com/2014/9/12/6141515/do-violent-video-games-actually-reduce-real-world-crime

元論文

Violent video games and real-world violence: Rhetoric versus data
https://psycnet.apa.org/record/2014-33466-001

2014

The release of Grand Theft Auto V and registered juvenile crime in the Netherlands
https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/1477370817717070?journalCode=euca

2017

ライター

大石航樹: 愛媛県生まれ。大学で福岡に移り、大学院ではフランス哲学を学びました。 他に、生物学や歴史学が好きで、本サイトでは主に、動植物や歴史・考古学系の記事を担当しています。 趣味は映画鑑賞で、月に30〜40本観ることも。

編集者

海沼 賢: 以前はKAIN名義で記事投稿をしていましたが、現在はナゾロジーのディレクションを担当。大学では電気電子工学、大学院では知識科学を専攻。科学進歩と共に分断されがちな分野間交流の場、一般の人々が科学知識とふれあう場の創出を目指しています。

暴力的なゲームが発売されると「犯罪率」が一時的に低下していた!


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

これはもっと大々的に発表されるべきw





結局のところ、暴力的衝動も性欲も発散する捌け口があれば溜まらないってことだな。規制規制と騒ぐ集団相手に対する反証材料としては十分だろう。


↑暴力はまぁ他で発散する方法がいくらでもあると思うが、性欲に関しては本当にそう思う


アンモラルな欲求こそゲームで解消を狙うべきなんだよなぁ。*フェミなんかは攻撃するけど、誰のためにもなってないという


イスラエルとハマスにゲーム与えてみれば?w


そう言えば重自動車窃盗ってタイトルに釣られて車両強盗の多い州がGTA発禁にしたけど効果あったんか?w無いと思うが


暴力的な奴が一時的にゲームに集中してる…ってことで良いの?


*ゲームが投入されると出生率もさがる、当然だな


*ゲーが増えたら性犯罪が少なくなるのと同じか。犯罪にしろ発散する場所があるなら現実で減る原理。


犯罪が起こるとゲームやアニメのせいにするマスゴミはきらいだけど、こういうのも気持ち悪い


アメリカの大学だったかの研究で、動物のオスが縄張り争いで勝利したり、メスと生殖が成功した時と同じくらい、人間の男性はゲームでテストステロンがドバっと分泌されるらしいよ。そんなレベルの達成感なんだからそりゃ辞められんわな。


欧米ヒトモドキは常に犯罪衝動殺人衝動を抱えているということでもある


つまりマスゴミは犯罪を増長していた、と。(まぁ、じっさいマスゴミ自身が犯罪してたりするしなw


二次元で満足できる体になればみんなハッピーってことだな!


つまりゲームはオスの本能(闘争と性欲)に直結してるが、メスはそうでもないから、一部ゲームを批判する女性がいるのもしょうがない。男女は別の生き物なところに意味があるわけで、女と縄張り争いする必要もない。


わいせつなビデオを見る > わいせつなビデオを見る > わいせつなビデオを見る > Σわいせつなビデオを見る!>


まぁ、嫌なこととかイラつくことあっても、「早く帰って昨日買ったゲームしよ」ってなるわな。そこでひと悶着起こして、帰ってゲーム出来なくなるよりかはいいし。単純にゲームで発散もあるかもだけど、帰ったらご褒美的なのも効果あるのかもしれん。それ一つで癇癪を耐えられる、的な。


結局、代替行為で発散すれば抑制になるという裏付けばかり出て来るよな。逆に、これらを禁止したり抑制したりするとそれらの犯罪が増えるというのも出ちゃってるし。向き合って付き合ってくしかないんよ。


児ポ法も施工後事件うなぎのぼり・・・?


よく*アニメもどきが地上波進出してるのもそういう・・・


「女と縄張り争いする必要もない。だが、女は二次元の女とも闘争を行う」我が闘争より


次に規制派は「一時的では意味がない」だとか「一時的ということは暴力的なゲームにのめり込んでいた人達が飽いたり気に食わないことが起こると犯罪に走っているということなのではないか」と言いだすのだろう ぶっちゃけて言うとそういう人はゲームをしてもしなくても犯罪を起こすけどな


ストレス発散出来るんだからそらそうとしか


とうとうデータが取れたんだな なら規制大好きガイジの反ゲーム連中のあらゆる表現と言い掛かりに規制を掛ける番だろうね


…貴重な研究成果じゃないか。ゲームがはけ口になるのであれば、自称健全者の言うことが間違っているのが、良く分かるな。


この手のゲームは銃や薬物の危険性も教えてくれるしな


>これは相関関係を示したものであり、「暴力ゲームの発売」と「犯罪率の低下」との因果関係を証明するものではありません。 ―ここでは暴力ゲームを発売するとなぜか青少年の犯罪率が低下するっていう事実を並べただけで暴力ゲームが犯罪を抑止する科学的な根拠が提示されたわけではありません。別に事実を否定するわけじゃないんですけど、科学的に精査されたデータではないんですよ。


ニコニコユーザーの典型例として“脊髄反射”があるといえます。ある団体が「なんかこういうデータあるらしいで!」っていうと、それがなぜか科学的に証明されたみたいな感じで受け取っちゃうんです。しかも記事中に「これはゲームと犯罪の関係を明らかにするもではありません」って断り書きがあるにも関わらずですよ?なぜかそういう風に勘違いしてしまうんですよね。なぜでしょうかね?


具体的な数値の例に出されてるのがCoDだけど、ああいう対戦ゲーって、クリアとかなしに割と年中やるタイプのもんじゃないの?でも、犯罪行為の発散効果は発売日周辺だけなの?飽きんのが早いのか、「なんだこのク〇プレイヤーだらけのゲーム!やってられっかファ〇ク!」って逆に犯罪行為に走っちゃうの?


私はこういう現象を見るにつけ、宗教というのはこういう風に開発されるのだなと痛感します。「奇跡が起きたからやっぱり神はいるんだ!」っていうと非科学的な人達はそれを信じてしまうんですよ。この世に奇跡なんてありません、ただの偶然です。貴方のご両親が結婚したのはただの偶然だし、貴方が貴方の母親の子宮内で発生したのはただの偶然なのです。とりあえず曲解はやめましょうよ。


犯罪の原因を欲求不満とするなら、欲求の捌け口になるゲームの影響で犯罪率が低下するってのはイメージでしやすくはある。


見ようによっては「発売後しばらくすると犯罪率が上がる」にならないこれ?


犯罪する暇あったらゲームするからね


何かしらの欲求が満たされている時には幸せだからな


発売直後は家でゲームして忙しいだけちゃう?


これ横軸を隠して少しズラせば「暴力ゲームの発売に伴い犯罪が増加しているグラフ」になるなw陰謀論者はこの画像をズラして使うのかな


社会情勢を不安にしたいフェミニストやポリコレが、ゲームを過剰に攻撃する明確な理由ができたわけだ。これからもっと、バッシングは強くなるだろうな


おもしろいね。こんなきれいな波になるんだ


いつもネットで発狂してる奴やヒス*に暴力的なゲームをやらせたら少しは平和になるのかな?


今まで感情的になってたのが少なくとも数値としてデータが示された時点で叩いてた側も少しは考えざるを得なくなったな。『どうせこうだろう』という思考停止で叩け無くなった。これは相当大きい


即座に*ゲーが持ち上げられてて草


ポスタル2の時も下がったんかな?


>二次元で満足できる体になればみんなハッピーってことだな! ピンキーさんだかどっかがVRでAVに二次元被せて~ってのを試みてたなたしか


時系列データ2つの比較なんて何のデータにもならんっての。ゲーマーを犯罪者予備群扱いしてる点でゲーム脳よりタチ悪い。


つまりこういうゲームやってる奴は定期的に餌を与えないと犯罪者になるってことか。なんだ、オタク=犯罪者予備軍はまちがってないじゃん


暴力的な人間が暴力的なゲームに熱中してる時期ってだけじゃないの?


そういや*を取り締まりまくったら性犯罪が激増したって話もあったな。何事もほどほどにしとけってこった。所で、この記事の言う【暴力的】ってどんな判断基準で決めてるんかねぇ? R-18とは違って明確な線引きなんて無いだろうに。下手すりゃ【敵を倒していくゲーム】は全て暴力的ってことになりかねんぞ。


そーいや、メキシコだったかでゲームや漫画が普及しだしたら犯罪が激減したとか聞いたな


「コール・オブ・デューティ」「GTA」販売以外の要因の分析が記事中見当たらないんだけど(困惑)。 ”因果関係を説明するものではありません”という口上がある通り、鵜呑みにするのは危険な話と思うが・・


暴力的な漫画やアニメやゲーム(殺害系)とYouTubeの愉快犯だから犯罪率が上がるんだろ