株式会社セガ6月23日、米国子会社であるSEGA of America, Inc.と米国Paramount Pictures Corporationが共同製作した映画ソニック・ザ・ムービーソニック VS ナックルズの全世界の興行収入が、公開から3ヵ月で4億ドル(日本円で約544億円)を突破したと発表した。

 『ソニック・ザ・ムービーソニック VS ナックルズ』は国内では8月19日(金)より公開される。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』の全世界の興行収入が約544億円を突破_01

 『ソニック・ザ・ムービーソニック VS ナックルズ』は2020年に公開された映画ソニック・ザ・ムービーの続編となるスペクタクルなアクションコメディ映画だ。

 前作でのドクターロボトニック(映画におけるDr.エッグマン)との戦いを経たソニックは、モンタナ州の田舎町グリーンヒルズ」にてこっそりヒーロー活動をしながら静かに暮らしていた。しかしながら、突如ナックルズと「キノコだらけの惑星」に飛ばしたはずのドクターロボトニックが自宅に出現する。

 史上最強の武器マスターエメラルドを追い求めているという彼らは何故かソニックを執拗に攻撃する。敗北を目前に突如現れたテイルスに救われたソニックは、世界を守るべくマスターエメラルドを探すこととなる。

 本作は日本に先だって3月31日より全世界で順次公開されており、全米では4月8日より公開をスタートした。本作の全米興行収入は1億9056万ドル(約259億円)を達成しており、前作が記録していた北米でのゲーム原作映画史上最高の興行収入記録をさらに更新している。

 また、イギリスフランスオーストラリアを含む47ヶ国および地域でも初登場1位を獲得しており、メキシコブラジルでも好調に推移している。全米を除く海外市場での興行収入も2億945万ドル(約284億円)を超え、全世界では4億ドルを突破した。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』公式サイトはこちら『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』公式(@Sonic_MovieJP) / Twitterはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

海外ってケモナーっていうかデフォルメされた獣人キャラもの凄く受けがいいよね。海外のイラストとかツイッターとか。日本だと美少女擬人化で大人受けして、海外はスポンジボブとかよくわからん擬人化がキッズ受けして幅広い。なんやろなあれ。





日本だとキモいって不評だったけどやっぱ海外だと人気なんだねぇ


めかひすい殿>海外だと人気 ←外国人は「濃い絵柄や味付けの方が好み」…みたいな感じなのではなかろうか。


アメリカだと一時期はソニック>マリオって人気度だったりした事もあるからなー、あれ?アメリカがケモに目覚めたのってSEGAのせいじゃね?


というか今でもアメリカではむしろマリオよりソニックなのは変わってないから、そりゃこうもなるよねって言う感じではある