Game+速報

社会人ゲーマーが気になったゲーム情報・ニュースを速報で配信するブログです。基本ゲーム情報を速報しますが、アニメ・漫画等も紹介していきます。


マイクは常時オン、叫べば叫ぶほど怖くなる一人称視点ホラーゲーム『Supernatural』恐怖のゲームトレイラー公開。刑事となってメイドの失踪事件を調査する | ニコニコニュース



Hitori de Productionsは5月16日(木)、一人称視点ホラーゲームSupernaturalを発表し、ゲームプレイトレイラーを公開した。対応プラットフォームはPC(Steam)で、Steamストアページによると日本語にも対応予定だ。

Hitori de Productionsはひとりでゲーム開発を進めている制作者で、1月には同じく一人称視点のホラーゲーム『Supernormalをリリースしている。

一人称視点ホラーゲーム『Supernatural』恐怖のゲームトレイラー公開マイクは常時オン、叫べば叫ぶほど怖くなる_001
(画像は『Supernatural』Steamストアページより)

本作でプレイヤーはワイアット刑事となり、メイドの失踪事件を調査する。その捜査中に、奇妙で恐ろしい体験をしていくことになる……。

本作の特徴は、ゲーム中にマイクが常にオンになっているという点だろう。トレーラーによると、ゲームプレイ中は画面下部にマイクアイコンが表示されている場面もある。超常現象と会話をする必要があるかもしれない。
また、大声で叫べば叫ぶほど、恐ろしいイベントが用意されているとのこと。

なお、ストアページによるとエンディングは全部で3種類。超常現象はなぜ起こっているのか、事件の真相を解き明かすことができるのかどうかが気になるところだ。

一人称視点ホラーゲーム『Supernatural』恐怖のゲームトレイラー公開マイクは常時オン、叫べば叫ぶほど怖くなる_002
(画像は『Supernatural』Steamストアページより)
一人称視点ホラーゲーム『Supernatural』恐怖のゲームトレイラー公開マイクは常時オン、叫べば叫ぶほど怖くなる_003
(画像は『Supernatural』Steamストアページより)

今回公開されたトレーラーでは、リアルなグラフィックがより恐怖感を高めている。
さらに、うめき声とともに不気味な動きをする怪異に遭遇するシーンや、主人公が銃を持って発砲するシーンなどが確認できる。

Steamストアページによると、本作は2024年7月のリリースを予定している。ホラー好きなら今後も注目していきたい作品となりそうだ。

Steam:『Supernatural』はこちら「Hitori de Productions」公式Xはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

【一人称視点で体験する恐怖のゲーム『Supernatural』、怖すぎて叫びまくり!】の続きを読む


基本無料TPS『Tom Clancy’s The Division Heartland』開発中止へ。今後は『エックスディファイアント』や『レインボーシックス』などのタイトルにリソースを再配置する予定 | ニコニコニュース



5月15日Ubisoft2023-24年度通期の収益数値の報告書にて、基本プレイ無料の三人称視点シューティングゲーム『Tom Clancy’s The Division Heartland(ディビジョン ハートランド)』の開発を中止することを発表した。

Ubisoftは2022-2023年の決算報告で赤字を報告しており、コスト削減計画を進めていた。この度、開発が中止された主な要因としては、今後は『エックスディファイアントレインボーシックスなどのタイトルにリソースを再配置することに決定したからであるという。

2021年5月に発表された本作は、プレイヤーがエージェントとなり、敵勢力や有害な汚染からアメリカの町「シルバークリーク」を守るという任務に着任するTPSだ。2023年にはクローズベータの募集も行われ、実際のプレイ映像も公開されていた。

本作のクリエイティブ・ディレクターを務めるキースエバンス氏は、『ディビジョン ハートランド』はサバイバルゲーム的な要素や探索に焦点をあてたゲーム性を持つと語っていた。対応するプラットフォームはPS4PS5Xbox OneXbox Series X|S、PC(Ubisoft Connect)と多くの機種に対応し、基本プレイが無料ということもありユーザーから期待を寄せられていたタイトルだ。

The Division Heartland(ディビジョン ハートランド)』は開発を中止することが決定した。今後は『エックスディファイアント』や『レインボーシックス』などのタイトルにリソースを再配置される予定だ。

Ubisoftの収益報告はこちらから(公式サイト)『ディビジョン』公式Xアカウントはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

【『Tom Clancy’s The Division Heartland』の開発中止決定!】の続きを読む


『学園アイドルマスター』正式サービス開始を待たずして、App Storeの無料ゲームランキング1位に躍り出る。注目の『アイマス』新作、はじまる前から勢いがすごい | ニコニコニュース



5月15日(水)、学園アイドルマスターの公式X(旧Twitter)アカウントより、同作がApp Store無料ゲームランキングで1位を獲得したことがアナウンスされた。本作は5月16日(木)のサービス開始を予定している。

アイドルマスター』シリーズの最新作として、いよいよアプリのリリースを迎えようとしている『学園アイドルマスター』は、5月15日(水)に事前ダウンロードを開始。そして同日中に、正式サービス開始を待たずしてApp Storeの無料ゲームランキングでトップに躍り出た形だ。このスピード感にユーザーからの驚きと期待の声が、公式アカウントの投稿にリプライなどの形で寄せられている。


アイドル養成学校「初星学園」を舞台とする本作では、プレイヤーはプロデューサーの立場から、さまざまな問題と魅力を抱えたアイドル候補生たちをプロデュースしていく。彼女たちのアイドルとしての能力を成長させ、試験に合格し、満員のアリーナライブを目指して繰り返しプロデュースに挑戦することとなる。

プロデュースを進めることによって、プレイヤーとアイドルの間では1対1の物語が展開。プロデューサーとして、それぞれ弱みや悩みを抱えた彼女たちに寄り添い、絆を深めてトップアイドルを目指そう。

学園アイドルマスター』は5月16日(木)のサービス開始を予定しており、前述の通りすでにApp Store、Google Playから事前ダウンロードが可能。アプリゲームを皮切りにCD、グッズ、ライブイベントなどの展開も予定されているため、引き続き続報にも注目していきたいところだ。

App Store『学園アイドルマスター』ストアページはこちらGoogle Play『学園アイドルマスター』ストアページはこちら


(出典 news.nicovideo.jp)

【『学園アイドルマスター』はじまる前から大ブレイクの予感?勢い止まらぬ新作の魅力】の続きを読む


旅行漫画「ざつ旅」2025年にTVアニメ化 鈴ヶ森ちか役に月城日花、監督に「リゼロ」の渡邊政治 | ニコニコニュース



旅行漫画「ざつ旅‐That's Journey‐」がテレビアニメ化され、2025年に放送されることが決定した。主人公の鈴ヶ森ちか役を月城日花が担当。メインスタッフも明らかになっており、ティザーPVとティザービジュアルが公開されている。

原作は、石坂ケンタ氏が電撃マオウKADOKAWA刊)で連載中。漫画賞の新人賞を受賞するも、その後が思うように運ばず、心が折れそうになってしまった漫画家志望の女子大生・鈴ヶ森ちかが、思いつきからSNSのアンケートで旅先を決める行き当たりばったりの旅を始める。単行本は原作第11巻が6月26日に発売。メイドスキー氏が漫画を担当するスピンオフ作品「ざつ旅 ‐Another Side View‐ 蓮沼暦の日常」も「電撃マオウ」で連載中。

監督には「Re:ゼロから始める異世界生活」の渡邊政治を迎え、同作で脚本を担当した中村能子がシリーズ構成、「邪神ちゃんドロップキック 世紀末編」(作画監督)のrereがキャラクターデザインを、「宇宙よりも遠い場所」の藤澤慶昌が音楽を務める。アニメーション制作は「邪神ちゃんドロップキック 世紀末編」のマカリアが行う。

ティザーPVには、福島・会津若松に降り立ち、羽黒山、温泉街といった実在する観光スポットを巡るちかの姿をボイス付きで収録。ティザービジュアルには、「旅はざつでいい、ざつがいい。」というキャッチコピーとともに、霊山として知られる羽黒山の鳥居をくぐるちかの姿が描かれている。

また、原作者である石坂氏からのアニメ化記念イラストも公開された。月城とスタッフからのコメント全文は以下の通り。


【月城日花(鈴ヶ森ちか役)】

鈴ヶ森ちか役を演じさせていただきます俳協の月城日花です。
ざつ旅の出演が決まったと聞いた時は、ほんとに!? 私がちかちゃんを!? といううれしい気持ちで胸がいっ
ぱいで、しばらく固まってしまいました!
これからちかちゃんたちと一緒に、皆様に旅することの楽しさや素晴らしさを存分に伝えられるよう、頑張っていきますので、アニメの放送をお楽しみに!!


渡邊政治(監督)】
旅の醍醐味は解放感非日常。知らない景色、食事、人、そしてたまに失敗。
ざつな旅を通してほんの少しだけ日常を抜け出し、今一度新しい自分を見つける機会にでもなれば幸いです。良い旅を!


中村能子(シリーズ構成)】
「ざつ旅」、という素敵な言葉に心躍る方は多いのではないでしょうか。
そんな素敵ながらも、ざつではない追体験旅を、スタッフみんなで、楽しく、一生懸命、面白ハプニング満載で頑張ってまいりました。
その空気感も含めたアニメも、たくさんの方々に楽しんで観ていただければ幸いです。


【rere(キャラクターデザイン)】
キャラそれぞれの特徴を原作にできる限り合わせ、アニメから見てくださる方も漫画を読んでいる方々も楽しめて好きになってもらえるように頑張って描いています。
みなさまよろしくお願いします。


藤澤慶昌(音楽)】
最後に旅に出たのはいつでしょうか? 旅にはいろいろな目的があります。観光、仕事、自分探し自分探しじぶ n……彼女たちは、それぞれ小さな悩みや葛藤を抱えていますが、旅はそれをポジティブなパワーへと変えてくれます。
このくらいでも大丈夫。行き当たりばったりでも大丈夫。ざつでも大丈夫。
人生は「ざつ旅」。ゆったり楽しんでいただければうれしいです。

ティザービジュアル (C)石坂ケンタ/KADOKAWA/「ざつ旅」製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【人気旅行マンガ「ざつ旅」が2025年にTVアニメ化決定!】の続きを読む


「蒼穹のファフナー」シリーズ20周年! アニメ初回放送日の7/4に特別番組配信決定!! | ニコニコニュース



アニメ「蒼穹のファフナー」シリーズ20周年を記念して、2024年7月4日(木)に特別番組が配信されることが決定した。

【大きな画像をもっと見る】

アニメの初回放送日である7月4日に、蒼穹のファフナーYouTube Official Channelにて配信される。 番組には、石井真さん(真壁一騎役)、喜安浩平さん(皆城総士役)、能戸隆監督、主題歌アーティストのangelaが出演予定だ。20周年プロジェクトの新情報も!

 

蒼穹のファフナー 20周年大祝福番組 概要


配信日時:2024年7月4日(木)21時開始

出演者(敬称略):石井真(真壁一騎役)、喜安浩平(皆城総士役)、能戸隆監督、angela

配信アカウント:蒼穹のファフナーYouTube Official Channel

※URLは後日発表

※内容は予告なく変更となる場合あり


さらに、本日5月16日(木)より、20周年お祝いコメントの募集も開始!


7月4日(木)「蒼穹のファフナー 20周年大祝福番組」配信に先立ち、20周年のお祝いコメントも募集している。応募者の内、選ばれたコメントは上記番組内にて読み上げてもらえる。


 

■「蒼穹のファフナー 20周年お祝いコメント」
応募先 :https://krs.bz/kingrecords/m/t8a54r7
応募期間:2024年5月16日(木)12:00~2024年5月30日(木)23:59
※お祝いコメントに文字数制限はなし
※ひとり様何度でも応募可能
※その他注意事項等は、応募フォーム内にて要確認

 

蒼穹のファフナー 20周年特設サイト: http://fafner.jp/20th/
蒼穹のファフナー シリーズ配信サイト一覧:http://fafner.jp/streaming/
蒼穹のファフナー シリーズ公式X:@fafnerproject
蒼穹のファフナー YouTube Official Channel:https://www.youtube.com/@fafner_officialchannel


© XEBEC/FAFNER 20TH PROJECT


>> 「蒼穹のファフナー」シリーズ20周年! アニメ初回放送日の7/4に特別番組配信決定!! の元記事はこちら
「蒼穹のファフナー」シリーズ20周年! アニメ初回放送日の7/4に特別番組配信決定!!


(出典 news.nicovideo.jp)

【「蒼穹のファフナー」シリーズ20周年記念特別番組、7/4放送決定!】の続きを読む


漫画『呪術廻戦』未発表の最新話に流出疑惑、インプレゾンビ連投で“トレンド入り”の異常事態「X見ちゃだめ」 | ニコニコニュース



集英社週刊少年ジャンプ」にて連載中のマンガ作品『呪術廻戦』をめぐって、未発表の最新話に関する“ネタバレ”と推察される内容が16日17時現在、短文投稿SNS「X」のトレンド欄に多数並ぶ事態が発生。多くのファンから非難の声や「Xは見ないで!」といった注意喚起が行われている。

【画像】“インプレゾンビ”が無関係な猫動画で連投したポスト(本文は全文黒塗り済)

問題となっているのは5月20日(月)に発売予定の「週刊少年ジャンプ」にて掲載を見込んでいる『呪術廻戦』第260話に関するもので、複数の投稿によると、違法に誌面をアップロードする“海賊版サイト”を発端に同エピソードの発売前流出が行われたという。

画像を含む一連の情報を公開したX上の投稿が拡散されたこと、そして機械的に投稿を行う通称“インプレゾンビ”がこれに乗じる形で他者の投稿を4,000件以上連発したことで、総合トレンドの10位以内に「〇〇〇〇(関連ワード)」や「呪術のネタバレ」がランクインする異常事態に発展。

さらには〈「〇〇〇〇」ってマジ!?〉といった話題に反応した投稿や、〈「〇〇〇〇」とリプライしたらPayPayでお金プレゼント〉などの話題に乗じた悪意ある投稿もトレンドインを後押ししており、内容の真偽は不明だが、『呪術廻戦』を読んでいる方やファンは要注意。

漫画『呪術廻戦』未発表の最新話に流出疑惑、インプレゾンビ連投で“トレンド入り”の異常事態「X見ちゃだめ」


(出典 news.nicovideo.jp)

【漫画『呪術廻戦』未発表の最新話に流出疑惑、インプレゾンビ連投で“トレンド入り”】の続きを読む


“世界最高のロボットゲームを作りたい”という願いを込めた巨大ロボのパイロットになれるゲーム『Mecha Force -メカフォース-』 のクラウドファンディング5月30日より開始。目標額は250万円 | ニコニコニュース



「世界最高のスーパーロボットゲーム」を目指して制作に着手されたVR専用アクションゲーム『Mecha Force -メカフォース-』の完成に向けたクラウドファンディング5月30日(木)より実施されることがパブリッシャーのMyDearest株式会社より発表された。目標支援額は250万円となっている。

本作は、日本のロボットアニメからインスピレーションを受けて制作されているタイトルだ。プレイヤーは“巨大ロボット”のパイロットとなり、自らロボを制御しながら脅威に立ち向かう。ロボットは独自のカスタマイズを施して、砲撃用の兵装や近接武器などから選択してオリジナルの戦闘メカを構築できる。

本作は、2023年4月24日にVR機器Meta Quesシリーズに向けて試験版がリリースされているタイトルだ。

クラウドファンディングの紹介ページによると、開発責任者であるソン・イハン氏は幼少期からガンダムシリーズ』『新世紀エヴァンゲリオン』『伝説巨神イデオン』『トップをねらえ!などの日本のロボットアニメ作品に影響を受け、機動戦士ガンダム 戦場の絆などの特殊筐体や、専用の自爆スイッチ付きコントローラーが話題になった『Steel Battalion(鉄騎)』などの作品をプレイし、VR機器の登場と同時期に「自らの手で創造しよう!」と決意に至ったという。

クラウドファンディングを実施した大きな理由としては、ソン・イハン氏の想定以上に開発コストがおーばーしてしまい、メンバーに支払う給料も足りていない状況に陥ってしまったからであるという。主に目標支援額である250万円を達成すれば、完成する見込みだ。

支援金は開発費用、PR、MetaQuest含むSteamなどのプラットフォームへの展開、有名声優を招いた日本語ボイスの実装や、主題歌の追加、メカモデルやグラフィックの刷新、主人公の衣装変更システムなどにあてられる予定だ。

”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい

(画像は『Mecha Force -メカフォース-』のクラウドファンディングページより)

なお、クラウドファンディングリターンは最安値で一口3000円のお礼メッセージや制作レポート、キービジュアルのデジタル壁紙が3種プレゼントされるものや、一口8000円のコースからゲームのダウンロードキーがもらえる。

1万9000円のDコースからゲームへのクレジット表記、7万3000円のHコースからはゲームの特別なシーンで支援者の名前が英雄として登場するようだ。そして、最高額の一人限定30万円のLコースでは開発者のお食事会に招待される。


また、開発責任者のソン・イハン氏は、「私たちには皆さまの力が本当に必要です!!もし可能であれば、クラウドファンディングへのご参加を検討していただけたら幸いです!!どうか、『Mecha Force』を最高のロボットゲームとして立ち上げるために、力を貸してください!!!!」と情熱のこもったメッセージを公開している。

『Mecha Force -メカフォース-』の完成に向けたクラウドファンディング5月30日(木)より実施される予定だ。目標支援額は250万円となっている。本作が気になった方は、ぜひ紹介ページを参照してみてほしい。

『Mecha Force -メカフォース-』クラウドファンディング紹介ページはこちらMyDearest公式Xアカウントはこちら『Mecha Force -メカフォース-』試験版はこちら

以下、プレスリリースの全文となっている。


VRゲーム『Mecha Force -メカフォース-』“世界最高のロボットゲーム”を作りたい!2024年5月30日(木)よりクラウドファンディング実施決定!

”世界最高のロボットゲームを作りたい

VRゲームを中心に開発するエンターテインメントスタジオ「MyDearest」は、2024年内に配信予定の王道ロボットアクションVRゲーム『Mecha Force -メカフォース-』において、より多くの方にこのゲームをお届けするため、5月30日(木)19時からクラウドファンディングを開始することを発表いたします。

『Mecha Force』を世界最高のロボットゲームとして開発し、多くの方々にお届けするためには、皆様の支援が必要です。このため、開発を共に進めるパートナーをCAMPFIREで募集いたします。
※本クラウドファンディングは、MingStudioの代表兼『Mecha Force』開発責任者であるソン・イハン氏の、”日本の方々と共に作品を創り上げたい”という強い意志と希望により実施されます。

『Mecha Force -メカフォース-』クラウドファンディングページ
https://camp-fire.jp/projects/view/760435
※開始予定日時:5月30日(木)19時

また、『Mecha Force』のクラウドファンディングの開催決定を受けて、『Mecha Force』の世界観とプレイの魅力を凝縮した特別トレーラー(PV)も公開されます。ぜひご覧ください。

『Mecha Force -メカフォース-』クラウドファンディング開催決定トレーラー
https://youtu.be/zH1itVvPZl8

『Mecha Force』開発責任者 ソン・イハン氏よりメッセージ

”世界最高のロボットゲームを作りたい

『Mecha Force』は、メディアリリースやTikTokでの反響が大きく、世界中のユーザーから注目を集めています。これはインディーのVRゲームとしては非常に珍しいことであり、私たちはこのゲームが「世界最高のスーパーロボットゲーム」となることを心から信じています。

なぜなら、これほどまでにリアルなコックピット操縦体験を提供し、日本のロボットアニメの魅力を存分に取り入れたゲームは他にはないからです。私たちの深い愛情と情熱がこのゲームには込められています。

”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい

このクラウドファンディングを通じて、ロボットアニメロボットゲームをこよなく愛する皆さまと一緒に、『Mecha Force』の開発を進めていきたいと考えています!!!
私たちには皆さまの力が本当に必要です!!

もし可能であれば、クラウドファンディングへのご参加を検討していただけたら幸いです!!皆さまからのご支援が、私たちの大きな力となります!!どうか、『Mecha Force』を最高のロボットゲームとして立ち上げるために、力を貸してください!!!!

『Mecha Force -メカフォース-』ストアURL(Meta Quest版)
https://www.meta.com/ja-jp/experiences/5332700466825054/

『Mecha Force -メカフォース-』コミュニティはこちら
http://discord.gg/vragit

■『Mecha Force -メカフォース-』 とは
『Mecha Force』は、プレイヤーが巨大ロボットのパイロットとなり、敵に立ち向かう体験ができるVRゲームです。ロボットアクションとローグライク要素が融合し、プレイヤーは自分だけのロボットをカスタマイズして戦いに挑みます。日本のロボットアニメからインスピレーションを得た本作は、2024年の配信を予定しています。

”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい ”世界最高のロボットゲームを作りたい

■ 作品詳細
タイトル: 『Mecha Force -メカフォース-』
対応プラットフォーム: Meta Quest / Steam VR / Pico
言語(音声): 日本語、英語、中国語
言語(字幕): 日本語、英語、中国語、韓国語スペイン語フランス語ドイツ語
販売:MyDearest
開発: Ming Studio
ジャンル: 王道ロボットアクションVRゲーム
プレイヤー: 1名
価格:未定

■MyDearestについて
会社名 : MyDearest株式会社 (MyDearest Inc.)
MyDearestは「人生を変えるような物語体験をつくり、届ける」をミッションとしてオリジナルIPのVRゲームを中心に開発するエンターテインメントスタジオです。代表作には『東京クロノス』『アルトデウス: BC』『ディスクロニア: CA』『ブレイゼンブレイズ』などがあり、Meta Quest 2PlayStation VR2でのローンチタイトルへの選出や、Meta Storeでのユーザー評価世界一(Road to VR調査による)の複数タイトルでの獲得ほか、国内外の数々のゲームアワードを受賞しています。

・MyDearest公式サイト
https://mydearestvr.com/

MingStudioについて
会社名 : Hangzhou Ming Studio Information Technology Co., Ltd (MingStudio)
MingStudioは2021年10月に設立された新進気鋭のVR開発スタジオです。現在開発中の『Mecha Force -メカフォース-』は日本のロボット文化にリスペクトを捧げるアクションゲームで、2024年にリリース予定です。会社のメンバーはNetEaseやByteDanceなどから集まったメンバーで構成されており、過去『ポケモンクエスト』、『Twilight Pioneers』、『トムとジェリー:猫和老鼠手游版』、『The Trail』、『鈴蘭の剣』、『仁王』、『ワンピース:海賊無双』などの開発へ参加した経験と実力のある開発メンバーが揃っています。

©MyDearest, Inc. ©MechaForce ©MingStudio



(出典 news.nicovideo.jp)

【『Mecha Force』のクラウドファンディングが5月30日スタート!世界最高のロボットゲームを実現しよう!】の続きを読む


14万3000円で黒くて巨大なダンジョンが実現可能「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始。国内唯一の真っ黒な迷路。壁高さ2.1m、艶消しブラックでダンジョン感が爆上がり | ニコニコニュース



ダンボール製品の製造販売を手掛ける協和ダンボール株式会社は5月16日(木)、黒い外観で圧倒的存在感を放つダンボール迷路ブラック」4月21日に発売すると発表した。販売は同社の通販サイトで行われる。価格は50マス14万3000円(税込)。

国内で唯一の黒い迷路で、壁高さ2.1mを誇るダンボール迷路は国内最大級。

「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_001
(画像はダンボール迷路ブラック販売ページより)
「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_002
(画像はダンボール迷路ブラック販売ページより)

1962年に創業した協和ダンボール株式会社は、常に段ボールの可能性を追求し、時代の一歩先を見つめた様々な段ボールへのニーズに応えてきた。
2002年からは、「段ボール通販サイトCASE-BUY-CASE」を自社運営している。同社は以前より、ホラーハウスやダンジョンを演出するための着色や印刷はできないかといった要望を多数受けていたそうだ。

今回販売される「ダンボール迷路ブラック」は、表裏に墨色原紙を採用し、外観も内部も黒一色。艶消しによってダークな質感が実現され、ダンジョン感が爆上がりしているそうだ。

また、印刷とは違い、原紙をすく工程で着色しているため本格ホラーハウスやファミリー向け謎解きゲームにも最適だという。身体や白い衣服で擦っても色移りしないのは魅力だろう。

「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_003
(画像はダンボール迷路ブラック販売ページより)

なお、付属の連結パーツで組み立てるため、道具の準備も不要で繰り返し使用可能になっている。さらに、姉妹品「ダンボール迷路トールR4」との連結もできる。壁に空けられた「見守り窓」は付属の目隠しパッドで塞いでより没入感を高められる。幼児が誤飲してしまうような小さなパーツや金属も使用していないため、安全面にも配慮されている。

販売ページでは50マス、100マス、150マスでの購入が可能だ。

ダンボール迷路ブラック販売ページはこちら

※プレスリリース全文は以下のとおり。


黒い外観が圧倒的存在感の【ダンボール迷路ブラック】が2024年4月21日より自社通販サイトにて販売開始!

「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_004

段ボール製品の製造販売を手掛ける協和ダンボール株式会社(本社:岐阜県恵那市、代表取締役社長:高木良直)は、ダンボール迷路ブラックを2024年4月21日に発売しました。

「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_005

ダンボール迷路ブラック」は、墨色原紙を採用し、かつ、壁高さ2.1mを誇る国内最大級のダンボール迷路です。従来の迷路にはないその”ダンジョン感”が、イベントに圧倒的な存在感と話題性を提供します。本格ホラーハウスやファミリー向け謎解きゲームにも最適で、「迷路=こどものお遊び」という概念を塗り替えます。付属のプラスチック製連結パーツにより、繰り返し使用することが可能です。

「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_006

【商品概要】
商品名:ダンボール迷路ブラック
販売開始日:2024年4月21日
価格:50マス143,000円(税/送料込み)~
商品URL:https://www.case-buy-case.com/SHOP/1058227/1162130/list.html

「ダンボール迷路ブラック」が4月21日から販売開始ダンジョン感爆上げ迷路が14万3000円で作れる_007

【特長】
1. 国内唯一の黒い迷路
クラフトカラーのダンボール迷路が一般的な中、迷路ブラックは表裏に墨色原紙を採用し、外観も内部も黒一色!艶消しでダークな質感がダンジョン感を爆上げし、こどもから、ファミリー層、大人向け企画まで、あらゆる会場でお使いいただけます。壁に空けられた「見守り窓」は付属の目隠しパッドで塞ぐことができ、没入感を高めることもできます。印刷とは違い、原紙を漉く工程で着色しているため色ムラもなく、身体や白い衣服で擦っても色移りしません。

2.付属の連結パーツで組み立てるため、道具の準備不要&繰り返し使用可能
宅配便で商品到着後、開封してすぐに組み立てが始められます。使用後は連結パーツを解いて保管し、再度組み立てて使用することができます。姉妹品「ダンボール迷路トールR4」との連結も可能です。

3.大人も子どもも楽しめる、高さ2.1m
壁高さ2.1m、通路高さ1.95mは国内最大級。親子で手をつないでも、おんぶしてもらくらく通ることができます。見た目の迫力も抜群。

【開発背景】
以前より、ホラーハウスやダンジョンを演出するための着色や印刷はできないかといったお問い合わせ、ご要望を多数いただいてまいりました。
これらのご要望に答えつつ、迷路に本来求められるスリルを演出する手段として墨色原紙を採用した「ダンボール迷路ブラック」を開発いたしました。
幼児が誤飲してしまうような小さなパーツや金属は使っておりません。

【今後の展望】
1962年に創業した協和ダンボール株式会社は、常に段ボールの可能性を追求し、時代の一歩先を見つめた様々な段ボールへのニーズに応えてきました。2002年から自社運営する「段ボール通販サイトCASE-BUY-CASE」は、「段ボールであったらいいな」を実現するべく、段ボール製品の開発・販売を続けていきます。

【会社概要】
会社名:協和ダンボール株式会社
代表者:代表取締役社長 高木良直
本社所在地:〒509-7205 岐阜県恵那市長島町中野1269-2
TEL:0573-28-2111
FAX:0573-28-1294
URL:https://kyowa-d.co.jp
E-Mail:kobai@kyowa-d.co.jp
事業内容:段ボール製品の製造・販売



(出典 news.nicovideo.jp)

【「真っ黒な迷路」が登場!14万3000円で巨大ダンジョンを体験しよう】の続きを読む

このページのトップヘ